シグナリフトのシリアルナンバー

 

シグナリフトの製品は化粧品では珍しく「シリアルナンバー」記名されています。シリアルナンバーとは”いつに作られたかが追跡可能な識別番号”というような意味合いです。

 

これは偽物や盗用を防ぐ意味もあり、基本的に同じ番号を付与されないので暗号化の意味も持ち合わせていると言われています。これは普通は電化製品やクルマ、コンピューターなどどこで故障したかや不正があるかないかのトレース目的も含まれています。

 

ですので、化粧品でここまでキッチリやる例は非常に珍しいケースです。これは「そこまで徹底された場所でシグナリフトが作られているという証明」と「シグナリフトの特殊な効果を模倣する化粧品が現れた場合の未然のトラブル回避」を目的としていると言えます。

 

 

シグナリフトが作られている化粧品工場について

 

 

シグナリフトの製造工場は品質基準のガイドラインに沿った場所で作られています。
ここまでは普通に他の化粧品でも同じように作られている場所は多いですが、更にいうとGMP基準「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」に沿った工場体制であります。

 

 

もっと略称した言い方をすると【可能な限り品質の一定を考えて、「どんな状況でも大丈夫」なように製品作りをしている工場】といった意味合いになります。このGMP基準の工場についてもっと良く知りたい人は”http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/pharma/hinshitu/gmp_0.html”の記事が参考になります。
もっと良く知りたい人はそちらをご覧ください。

 

 

再生医療センターのセルソース工場とは?

 

 

シグナリフトの開発工場になるセルソース。国が許可する細胞培養の研究所になります。

 

「GMP基準に基づいた工場」で製品作りや「シリアルナンバー入り」化粧品で商品の劣化や破損や偽物など色んな状況を仮想し作られた化粧品でその徹底ぶりや”こだわり”により使用者の評価は非常に高い化粧品として人気も高いです。

 

>>シグナリフト販売店
>>シグナリフト口コミ